岩盤浴カテゴリの記事一覧

岩盤浴〜用語解説〜


温泉地にある自然の岩盤の上に横たわっていると、体が温められて汗が出てくることを応用した健康法のことです。

温められた岩をベッドとして、温浴効果を得ようというものです。

天然の岩盤で作られたベッドにバスタオルなどを敷いて横たわるとそのベッドは温かさが保たれ、サウナのような発汗作用が得られます。

大量の発汗によって体の中に貯まった老廃物が排出されることから、美容や健康にも効果があるといわれています。

近年、岩を切り出して作った人工の岩盤ベッドも登場し、全国各地の温泉地や浴場・エステ施設にも取り入れられて好評を得ています。


■ウィキペディア百科事典では、下記のように用語解説しています。

岩盤浴(がんばんよく)とは、温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で、「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれている。天然の浴場では、秋田県の玉川温泉が有名。火山の噴気活動で熱せられた岩の上で寝ころぶことにより、体を温める。2004年頃から、日帰り入浴施設などでも同様の効果を狙った装置を導入する店舗が増加した。2006年には都市部に専門店が進出(繁華街の雑居ビルなどに開業)し、女性を中心に利用者を増やしている。

岩盤浴とは


心地よい温度に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり、サウナ以上の発汗作用を得られる「お湯を使わないお風呂」の事を岩盤浴と言います。

鉱石板の下に設置された熱源が石を温め、石は遠赤外線を放出します。
この遠赤外線は人体の深くまで温熱を伝えますので、新陳代謝が促進し、発汗や排尿による体毒排泄作用があり、また体内に入った有害物質のために絶えず発生しているガン細胞もこの温熱に弱いため、ガン予防や再発防止効果が期待できます。


■岩盤のマイナスイオン効果

マイナスイオンとは滝・海岸・森林など空気の汚れの少ない場所で、空気分子と紫外線や太陽風と反応して生成されると考えられています。マイナスイオンが豊富にあると、血液の浄化作用、細胞の賦活作用、抵抗力の増加、自律神経の調整などの効果があります。


■岩盤の遠赤外線効果

光(電磁波)は波長の長さによって分類されますが、遠赤外線は熱線と言われるように熱的作用の強い電磁波です。特に波長が4〜14μm程度の波長帯を「育成光線」と呼び、人体や動植物を構成している物質の共鳴吸収波長域を担当しています。神黒石の分光放射率は「育成光線」の波長帯においてほぼ0.9を保持しており優れた天然の「育成光線」放射材料と言うことができます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。